04
2017

+ 不定期散文日記 +

<< 先生と中型犬 | MAIN | トートバッグ >>
2017 02.24Friday
ルミティアステッキ
スーパールミティア
先日、振り込み目的で寄ったコンビニの棚の最下段にある"お子様向け"食玩が視界に入り、即座に開かれた脳内会議にて1/3ドールに丁度良さ気なサイズじゃね?との結論で、うっかり購入してしまいました。
女児向け食玩"ルミティアステッキ3"

何ていうか、幼少期に刷り込まれた魔法のステッキにワクテカする感じは大人になっても消えないものなのですね(笑)
"まほうのルミティア"とは何ぞ?と思い、発売元のバンダイを調べると
女の子の永遠の憧れ"キラキラ"と"ゆめかわいい"が詰め込まれた食玩シリーズ。
との事。やべぇわ、うっかり乗せられてる。ていうかこれ、この説明文の書き方は女児向けかと思いきや真のメインターゲットは大人か…?
ともあれ、つい衝動に駆られてひとつ購入したのです。
比較
ワクテカしながら開封したのも束の間、箱から出てきたステッキは想像していたものと違い、可愛くない。テンションだだ下がり。
二枚目の画像左側の全体的に緑色のステッキが当たりました。

箱に記載されているラインナップはヘッドのモチーフが、ありがちな王道のハート・雪の結晶、そして…花?の三種類。
それが更に、一番ゴージャスな"プリズムライン"・キラキラ要素少なめで少しグレードが下がった感じの"メルヘンライン"・キラキラ要素皆無でがっかり感しかない"チャーミーライン"という3カテゴリに分かれて9種類+シークレット1種類で全10種類という事らしいです。
つまり、ワクテカして開封したものの引き当てたのはキラキラ要素皆無の最下層ライン且つ、一番チープに見えてしまうものたったのです。そう、実に運が無い結果だったわけです。花?のモチーフも中央部分のストーンにキラキラ要素があればテンションが下がらない程度には充分可愛らしいのです。
箱
百聞は一見にしかず、という事で外箱を写メりました。
これです、これが王道の魔法ステッキであり、画像のキラキラゴージャスラインじゃなくてもいいからこのモチーフのステッキが欲しかったのです。最下層ラインでもこのモチーフなら彼処までテンションが下がらずに済んだのです。恐らくキラキラ要素皆無でも、件の緑ステッキより見劣りしないからでしょうね。

兎も角、緑ステッキを引き当てた事でモヤっとしたまま数日を過ごしました。流石に王道ステッキを当てるまで、というかこれを買う為だけにコンビニに通う気はありません。この辺りは大人です(笑)
今回は一枚目の画像で既に出オチですが、では何故、二本目があるのか。
別件の振り込みの為にコンビニに立ち寄ったからです。
ワンチャンあるかもと思い、今日もうっかり購入しちゃいました。そうなのです、二本目ゲットは今日の話です。
カスタム
ここ数日間のモヤりを払拭すべく、本日ワンチャン狙いで二個目を購入し、再びワクテカしながら開封すると中から出てきたのはモヤりの元凶である花?でない事にテンションが上がり、しかしながらハートでも雪の結晶でもなくテンションフラットで暫く「???」状態でしたが箱に印刷されているシルエットだけの部分を見て、そこで漸く「これが[ひみつのステッキ"スーパールミティア"がはいってるかも…?]と勿体振られていたシークレットか!」と気付きました。

そうです、ワンチャンで大勝利したのです。"スーパー"な"ルミティアステッキ"を当てたのです。正に地獄から天国。振り幅半端無い。
…しかしながら自分は飽くまでもハートの王道ステッキが欲しかったので、全ルミティアを統べるスーパーなルミティアを当てたにも拘らず、実は少しモヤってます(苦笑

さてさて、このルミティアステッキはヘッド上部のビーズ?パーツとロッド部分のビーズ?(説明文には共にスタービーズと記されている)が取り外し出来るので他のステッキのビーズと交換する事が出来ます。ヘッドとロッドも外せるので、他のステッキを集めて色々組み合わせて最終的にオリジナルステッキを作らせる事が真の狙いのようですよ。流石この辺りのマーケティングは抜かり無いですね。
という事で、取り敢えず(四枚目の画像)ヘッドのビーズだけを交換してみました。…うん、微妙ですね。だからといって本当にもうこれはこれ以上購入しませんけどね。

以上、魔法のステッキは何歳になってもワクテカします、というお話でした。
ていうか、何してるの自分…。
| 食玩/ガチャ | 此ノ記事 | 23:57 | comments | trackbacks |
2017 04.27Thursday
スポンサーサイト
| - | 此ノ記事 | 23:57 | comments | trackbacks |
COMMENT
IT COMMENT









TRACK BACK URL of this article
http://kaname.jugem.cc/trackback/1658
TRACK BACK