06
2018

+ 不定期散文日記 +

2017 08.23Wednesday
本革ダレスバッグ工作
レザークラフト
ミニツク「本革ダレス鞄作り」のキットでバッグを工作しました。
他のレザークラフトプログラムとは違い、4回で終了するので半年予約や年間予約じゃ長過ぎるという方には打って付けのキットかと思います。
自分は正にその理由で、このプログラムを先行予約しました。

このキットは初心者でも簡単に作る事が出来るというテーマを元に考え抜かれたキットらしく簡素化された工程で通常のダレスバッグではありませんがかなり本格的なダレスバッグが完成します。
その所為か床面とコバの処理をしないで届いたパーツを縫っていきます。
それはそれで全体的に使い込まれたクッタリ感があり、良い味を出しているのですが、綺麗に作っていきたいなと思った自分は全てのパーツの床面&コバ処理をしてから工作しています。
…というように私はデフォルトのまま工作したわけではなく、多少アレンジして工作しました。

因みにアルファベットの革タグは、以前レザークラフト資材店で資材を購入した時のオマケ2品(革タグとアルファベットチャーム&スポッツ)を組み合わせて作りました。
この他に同じくオマケでいただいたシールドの革タグにリフレクタースポッツを合わせたものを作っています。
オマケでいただいた革タグとアルファベットチャーム&スポッツは、あと1セット残っているのでそのうち何かしら工作しようかと思います。
レザークラフト
ハンドルの部分も申し訳程度の補強ですがカシメでも留めています。
ショルダーストラップの端は三つ折りで縫い合わせる仕様でしたが三つ折りだと厚みが出るので、縫い合わせでなく革パーツと両面カシメで留めました。
それから底鋲を打ち、底板も入れています。
クッタリ感を根底から否定する勢いで補強していますね…。何というかまぁ自分で育てていくんです(建前
レザークラフト
キットのデフォの内生地は無地ブラウンですが、好きな布で作れるように内生地用の型紙が付属していたので4回目のキット(内生地は4回目のキット内容物です)が届く前に手持ちの布で作りました。
多少レトロちっくな感じでしょうか。

序でに言うと2回目と3回目のキット内容と作業工程はほぼ同じなので、自分は3回目のキットが到着してから2回目と3回目を合わせて作業しました。
この事からやはり、ある程度まとめて作業したい自分みたいなタイプの人間には半年や年間プログラムより短期間で終了するものの方が良いのだなと実感しました。
| 日記 | 此ノ記事 | 22:26 | comments | trackbacks |
2017 04.27Thursday
リスポッケ先生
リスポッケ先生
クチュリエ×3月のライオンのコラボキット「リスポッケ先生のニードルフェルトマスコット」です。

これは根を詰めてやっていたわけではなく、1日に1パーツを一寸した空き時間に作る程度のペースで土日は一切手を付けない的な、どんな週休制だよって感じで進めていました。つまりかなりのスローペース。

余りにもダラダラし過ぎたので、本日一気に組み立てて仕上げました。
因みに、一番楽しかった&力を入れて作ったパーツは尻尾です。

画像の角度では尾のカーブ感が全く分かりませんが、カーブの所が楽しいというか途轍も無く可愛いパーツなのです。
| 日記 | 此ノ記事 | 19:55 | comments | trackbacks |
2017 04.13Thursday
ニャーマスコット
ニャーマスコット
クチュリエと3月のライオンのコラボキット「零くんのニャーマスコット」です。長いので適当に省略しました。

何故このコラボが発動したのかと思ったら実写映画化に伴うアレですね。このコラボキットは数種類ありますが、自分はニャーマスとリスポッケ先生のニードルフェルトマスコットを購入しました。

で、すぐに終わるニャーマスコットの方から作ってみました。
「フェルトマスコットといえばブランケットステッチ」というイメージの自分は、レシピで巻きかがりとなっている箇所をブランケットステッチで縫っています。序でにいうと耳の部分は2枚のフェルトをボンドで貼り合わせるだけの仕様からブランケットステッチで縫い合わせる仕様に変更し、無駄に面倒な方法で作っています。本当はメガネとか肉球等のボンドで貼り付ける部分もたてまつりで縫っていきたかったのですが、付属の刺しゅう糸にその部分に合わせた色味が全て揃っているわけでない為、そこだけはレシピ通りに貼り付け仕様です。

フェルトマスコットは小学校低学年以来の工作です。←この時にブランケットステッチで作っていたので「フェルトマスコット=ブランケットステッチ」というイメージが定着したのだと思います。
ニャーマスコット
原作のニャーマスはもう少し小さな印象だったので、このキットのマスコットも手のひらサイズだと勝手に想像しておりましたが、実際は少し大きめで全長18cm程となっております。

スケール比較のためにバッグと一緒に撮ってみました。
ニャーマスと一緒に写っているパスケースは一般的なサイズのものなので、大体の大きさが把握出来るかと思います。
このトートバッグは大きめのものなので如何にニャーマスが大きめな代物かが分かるかなと。
因みにこのバッグはトライオンのパッチワークレザートートの最初期モデルです。
購入した当初、真先に思ったのが底鋲が付いていれば良いのにという事でした。そして最近のモデルには底鋲が標準装備されているという事を先日知り、やっぱりそうなるよね、という気持ちと初期モデルからその仕様にして欲しかった(泣)と少々複雑な気持ちです。かなり気に入っているバッグなので完成形であろう現在のモデルも欲しいところですが、だからといって同じデザインのバッグを(本革でそれなりにお手入れもしているし長く使えるのに)購入するのもどうかと思うので、底鋲うらやまと思いながら初期モデルを使い続けております。
今まで堪えていましたが、我慢出来ずにそのうち底鋲を打つかも知れません。
| 日記 | 此ノ記事 | 21:14 | comments | trackbacks |
2017 01.06Friday
冬毛捕獲(2016)
冬毛
すっかり更新するのを忘れていたのですが、2016年の11月にコドモサガリの冬毛を捕獲したのです。
この時以来の捕獲ですが、何と言うかモヘアのモフモフ具合が堪らないのです。それとこのモヘアの色味も好きなのです。

モバイル種より少しは容量が多いので、ミニチュアテディ達も窮屈な思いをしなくて済むかもしれません。
冬毛
2013冬毛と一緒に撮ってみました。
モフモフ可愛い。





| 日記 | 此ノ記事 | 00:13 | comments | trackbacks |
2016 11.04Friday
別色ミトン
かぎ針編みミトン
かぎ針の号数を上げて色を変えて編みました。
やはり途中で飽きて少しだけ放置しましたが、放置時間は前回のミトンよりも短めです。

ていうか、黒色じゃない方のモヘアが数年前にドールの小物用に購入した毛糸だった為、片側のミトンのゴム編み部分で無くなってしまい、仕方がないので片方は黒色の毛糸でゴム編みをしてみましたが、結局妥協出来ずにどうしたものかと思っていたところ、工作の神のお告げを受信(笑)しました。

足りないなら足して2で割れば良いじゃない的な閃きでこんな感じのゴム編みになったわけです。
つまり、一度編み上げた両手のゴム編み部分を解いて編み直しました。
妥協点という名の誤魔化しですが、着地点が見つかって良かったです。
| 日記 | 此ノ記事 | 21:36 | comments | trackbacks |
2016 10.31Monday
セーブポイント的なアレ
卓上セーブポイント
卓上セーブポイントVVコラボver.を、ついうっかり購入しちゃいました。

ラスボスとの戦いも万全の状態で挑めますね。
そのうち、カエルさんとか1/12ドールとかと並べてみようと思います。
何処までもドール基準ですね。

意気込みだけはあるんですが、暫く放置しそうな予感。
| 日記 | 此ノ記事 | 22:15 | comments | trackbacks |
2016 10.27Thursday
かぎ針編みミトン
ミトン
秋冬になると編み物がしたくなるので自分の中では風物詩的な感じです。
というわけで、クチュリエのミトンの会をお試しで作ってみました。

今年は秋冬と言わずにpassaさんのキットで夏から編み物を楽しんでいた為、編み物のモチベがずっと続いています。

相変わらず編み加減がきつめなので、毛糸が余りました。
結果的に自分の手の幅にジャストフィットな仕上がりだったのは、不幸中の幸いというか怪我の功名というべきか。

今度はかぎ針の号数を上げて違う色で編んでみようかと思ったり思わなかったり。
かぎ針編みだからすぐに編み上がりますが、人間サイズだと途中で飽きそうになるのが辛いです。
特にミトンは同じものをもうひとつ作らなきゃいけませんし。
ていうか、実際に飽きたんですけどね。
左手を編み終えて、右手の途中で飽きて数日放置してました。

その点、passaさんのミディとおでかけバッグは、人間用ですが飽きる前に楽しい気分の状態で編み終わるので非常に丁度良いボリュームのキットでした。
| 日記 | 此ノ記事 | 21:15 | comments | trackbacks |
2016 02.14Sunday
ミニブーケ
ミニブーケ
紐の癖取りが完了したので藤下がりを作り、ブーケを組み立てました。
藤下がりは取り外し出来るようにカニカンで細工しています。

面倒と思いつつも、出来上がってから振り返ると全体的に楽しかったです。
お試しブーケ工作でしたが、あと何点か作ってみたいと思います。

それから、予備の台紙と余りのちりめんでバラをひとつ作りました。
三個目のバラでコツを掴んだので、最後に作った四個目のバラパーツが一番出来が良かったりします。
イラスト図解だと細部の説明が不十分で、想像力と応用力と理解力が必要となるのが「つまみ細工の会」シリーズのトラップですね。
というか寧ろ図解説明を採用するレシピに共通する罠かも。
図解で詳細を省いてしまっている分は言葉による説明で補って欲しいです。
バラに関しては自力でコツを掴んだからもう良いですけれど。
1/3三浦さん
早速ドールに付けてみました。

丁度良い具合に和装中の1/3三浦さんがモデルです。
このサイズのヘッドでもギリ許容範囲かなと…いや、少し苦しいかな…。
サイズ的には一番の巨頭である1/6三浦さんがベストかなとも思いますが。

四個目のバラパーツは1/3三浦さん用に一輪でアクセにしようと思っています。
| 日記 | 此ノ記事 | 21:40 | comments | trackbacks |
2016 02.13Saturday
バラのつまみ細工
ミニバラ
ミニバラのつまみ細工を工作しています。
休止中の「つまみ細工のお花の会」を再開せず、脱線してミニブーケの会を試してみる事にしました。

説明書に目を通して、面倒そうという思いが頭を過ってしまったので、早々に工作に着手しなければ放置しそうだと思い、前日に下準備を済ませて組み立ててみました。
まずはトップのバラから。

…意外に楽しかったです。
ミニバラ
…と、いうことで一本目のバラ工作が楽しかった為、続けて二本目のバラを組み立ててみました。
二本目は一本目のバラとは違う作りのバラです。

このバラも意外に楽しかったです。
作り始めた時は二重の丸つまみが少し面倒だと思っていましたが、枚数をこなすうちに慣れました。
これは続けてあと二本分も工作してしまおう的なテンションに。
何やらスイッチが入ってしまったようです。
本当は様子見で一本程度工作をして作業を終えようと思っていたのです。
ミニバラ
バラ作りの楽しさに目覚めて、結局バラパーツ全てを組み立てました。

藤下がりに使う紐の癖取りが終了してから次の作業を再開しようと思います。





| 日記 | 此ノ記事 | 22:53 | comments | trackbacks |
2016 02.05Friday
つまみ細工8
八重椿
今回の「つまみ細工のお花の会」は八重椿です。
これで溜め込んでいたつまみ細工キットは消化しました。
このキットは全12回コレクションですが、8回で休止中なのです。最初の方は次回分が届く前に工作していましたが、途中から工作せずに放置して溜まっていく一方だったので、未消化が4回分溜まった時点で一旦休止にしました。
漸く消化した事だし再開しようかとも思いつつ、これじゃなくミニブーケの方にしようかなとも思ったり。

八重椿は三重に花弁を重ねていく工程と一番最後にペップで作った花芯を接着する工程が楽しかったです。
ペップ使用の花芯を接着するタイプのお花はどれもその工程が楽しかったですね。
出来上がりの花の形も好きです。
…一連のつまみ細工シリーズは、どれも雑な撮り方をしてしまい微妙な写り方で全く伝わらないと思いますが…。
| 日記 | 此ノ記事 | 20:58 | comments | trackbacks |