03
2017

+ 不定期散文日記 +

2017 03.12Sunday
ヒゲ部アクセ
ヒゲ部
タイムラグが半端無いのは今に始まった事ではありませんが、此方も漸く写真が撮れました。
その割にかなりテキトウな写り具合ですけれども。

ドール用のヒゲ部アクセを作りました。かなり前に。
他にも細々としたものを作っていたりするのですが、撮ったり撮り忘れたりそれを放置したりでもう何がどうなっているのやら。
| 御人形 | 此ノ記事 | 22:11 | comments | trackbacks |
2017 03.07Tuesday
妹化義体交換(笑)
ピコD妹素体
関節強化版妹素体と義体交換を実施してみたのが此方の画像です。

単品だと余り違和感無さげな気分。
眺めていると「これはこれでアリなんじゃないか」という気になってくるから恐ろしいです。
関節の自由度が上がるから本当これ、今までのDよりも良い素体なんですよねぇ。

比較
ノーマルD素体との比較。

この差たるや歴然。
やっぱり自分の好みとしてはノーマルD素体の身長かなと思います。
「ノーマルDの汎用関節強化版はよ」的な気持ちで一杯です。

そう言えばこの袴姿の写真を撮らずに長期間放置していたので、この機会に撮れて良かったです。
本当はもっときちんと撮ってあげたかったのですが、何だかんだでセッティングが面倒だって事で放置していたわけなので、モバイル端末カメラだけど撮れただけマシなのです。

因みに今現在の義体はノーマルDの方です。
| 御人形 | 此ノ記事 | 20:25 | comments | trackbacks |
2017 03.03Friday
VIVI Ornitier
ビビ
今はもう使用していない初代iMacの上にずっと飾ってあったビビを徐ろにフィーチャー。
若干埃を被っていたという事は秘密です。

ビビは…ビビは涙無しには語れません的なアレです。FFTの次に好きなのがFF9でした。
そして此方のビビ、今は無きデジキューブのコンビニ予約特典のビビ人形です。
この為にわざわざコンビニ予約にした記憶があります。
今改めて眺めると細部に粗さとチープさが目立ちますが、小さ目のサイズ感といい、ちょこんとお座りする感じが何とも可愛らしく、筆舌に尽くし難い一品なのです。
ビビ
その後、時を経て2016年にスクエニからビビのぬいぐるみが発売されるという事で、散々迷った挙句ビビの可愛らしさに屈して購入してしまいました。
それが此方、二枚目の画像。
うん、おまけでないだけあって、細部もそれなりにきちんとしております。
…が、難を言えば「大きい」です。この「大きい」は「自分のストライクレンジと比べると」という事なので普通にぬいぐるみ等が好きな方には物足りないサイズかも知れません。
しかしながら、開封後の自分の第一印象は「デカっ…」でした。少々テンションも下がったとかいう噂です。
きっと、予約特典のビビが丁度良いサイズ過ぎたからだと思います。
ビビ達
折角なので、並べて撮ってみました。
この大きさの違い、一目瞭然です。うん、やっぱり巨大だ。
どんな大きさでもビビは可愛いですけれども。

でもあれですね、ビビを並べていると黒のワルツを大量に並べたい衝動に駆られますね。
| 御人形 | 此ノ記事 | 21:58 | comments | trackbacks |
2017 02.28Tuesday
ハーミア
ハーミア
最初のリルフェアリーが発売された時に、手を出したらヤバそうなのは目に見えていたので、「ウチには1/12蘭丸くんがいるからもう妖精さんは増やさない!」と80%くらいはぐらんぐらん揺れまくりながらも我慢したのに、そして今まで全てのリルフェアリーを華麗にスルーしてきたのに、遂にうっかりと陥落してしまいました。

リルフェアリーの妹分のハーミアちゃんです。可愛い。

どうして陥落してしまったのかというと、恐らくギミック的なものに弱いからだと思います。
散々待ったのに一向に量産化されないD素体関節強化版のボディの子なのです。
"妹素体"なんだけどね。どうして各スケールのドールは"妹化"して小さく(身長を低く)するのでしょうね。それほどまでに妹需要が高いという事なのでしょうけれども。

というわけでこの子、D素体よりも身長が低いのです。
でも関節強化版なので可動域は広がりんぐ。何ていうかもうDの強化版を待ちくたびれ過ぎたので正常な判断が出来なかったんだと思います。一瞬考えたもののすぐに予約しちゃいましたから。

今度、試しにこの素体で蘭丸くんの義体交換でもしてやろうかと思います。

因みに、エプロンと同化して分かり難くなっていますが、ハーミアが手に持っているのは雑巾です。
| 御人形 | 此ノ記事 | 20:07 | comments | trackbacks |
2017 02.26Sunday
トートバッグ
トートバッグ
唐突に1/6用と1/3ドール用のトートバッグを作りました。
数週間前に。相変わらず写真に撮るのが遅いので完成からのタイムラグが半端無いのです。

サイズ感で一目瞭然ですが、ドットの方が1/6ドール、ヒッコリーの方が1/3ドール用です。
元々は1/3用のトートバッグを作ろうと思い立ち、序でにドット柄で1/6用のも作る事にしました。
当初は布を縫うだけで完結させるつもりでしたが、バッチ風アイテムやリボンチャームを作ってしまいました。
トートバッグ
ドット柄の方は両面にプリントしています。
裏側は安全ピンver.です。
表面は"M"が微妙にズレるという残念な感じになった事には敢えて触れません。

因みに、両サイズとも手縫いです。
調子の悪いミシンを使うより手縫いの方が早いという状態なのです。
如何せん、デジタルガジェット>ミシンという優先順位なものでミシンを新調する優先度が頗る低い為、なかなか順番が巡って来ない。
そんな自分もこの頃この頃とかこの頃、そして直近でこの頃は1/6サイズのお洋服をミシンで縫っていたものです(遠い目)
1/3
ドールに合わせてみた参考画像的なものも。

長い時を経て、漸く若干まともな服装に着替える事が出来た1/3三浦さんです。
何となくもう少し大きめに作っても良かったんじゃないかという雰囲気を醸してますが、スルーします。



1/3
1/6三浦さんは相変わらず白アリス+コートのままですが、マルチカラーのドット柄という代物には丁度良い出立ちです。

序でに作った筈のドット柄トートに付属しているリボンチャームが作っていて一番楽しかったです。
図らずも、水色+鍵とトランプといったアリス的なシンボルで集約され、結果としてアリス的アイテムに帰結したのが自分でも非常に興味深いです。
| 御人形 | 此ノ記事 | 14:54 | comments | trackbacks |
2017 02.24Friday
ルミティアステッキ
スーパールミティア
先日、振り込み目的で寄ったコンビニの棚の最下段にある"お子様向け"食玩が視界に入り、即座に開かれた脳内会議にて1/3ドールに丁度良さ気なサイズじゃね?との結論で、うっかり購入してしまいました。
女児向け食玩"ルミティアステッキ3"

何ていうか、幼少期に刷り込まれた魔法のステッキにワクテカする感じは大人になっても消えないものなのですね(笑)
"まほうのルミティア"とは何ぞ?と思い、発売元のバンダイを調べると
女の子の永遠の憧れ"キラキラ"と"ゆめかわいい"が詰め込まれた食玩シリーズ。
との事。やべぇわ、うっかり乗せられてる。ていうかこれ、この説明文の書き方は女児向けかと思いきや真のメインターゲットは大人か…?
ともあれ、つい衝動に駆られてひとつ購入したのです。
比較
ワクテカしながら開封したのも束の間、箱から出てきたステッキは想像していたものと違い、可愛くない。テンションだだ下がり。
二枚目の画像左側の全体的に緑色のステッキが当たりました。

箱に記載されているラインナップはヘッドのモチーフが、ありがちな王道のハート・雪の結晶、そして…花?の三種類。
それが更に、一番ゴージャスな"プリズムライン"・キラキラ要素少なめで少しグレードが下がった感じの"メルヘンライン"・キラキラ要素皆無でがっかり感しかない"チャーミーライン"という3カテゴリに分かれて9種類+シークレット1種類で全10種類という事らしいです。
つまり、ワクテカして開封したものの引き当てたのはキラキラ要素皆無の最下層ライン且つ、一番チープに見えてしまうものたったのです。そう、実に運が無い結果だったわけです。花?のモチーフも中央部分のストーンにキラキラ要素があればテンションが下がらない程度には充分可愛らしいのです。
箱
百聞は一見にしかず、という事で外箱を写メりました。
これです、これが王道の魔法ステッキであり、画像のキラキラゴージャスラインじゃなくてもいいからこのモチーフのステッキが欲しかったのです。最下層ラインでもこのモチーフなら彼処までテンションが下がらずに済んだのです。恐らくキラキラ要素皆無でも、件の緑ステッキより見劣りしないからでしょうね。

兎も角、緑ステッキを引き当てた事でモヤっとしたまま数日を過ごしました。流石に王道ステッキを当てるまで、というかこれを買う為だけにコンビニに通う気はありません。この辺りは大人です(笑)
今回は一枚目の画像で既に出オチですが、では何故、二本目があるのか。
別件の振り込みの為にコンビニに立ち寄ったからです。
ワンチャンあるかもと思い、今日もうっかり購入しちゃいました。そうなのです、二本目ゲットは今日の話です。
カスタム
ここ数日間のモヤりを払拭すべく、本日ワンチャン狙いで二個目を購入し、再びワクテカしながら開封すると中から出てきたのはモヤりの元凶である花?でない事にテンションが上がり、しかしながらハートでも雪の結晶でもなくテンションフラットで暫く「???」状態でしたが箱に印刷されているシルエットだけの部分を見て、そこで漸く「これが[ひみつのステッキ"スーパールミティア"がはいってるかも…?]と勿体振られていたシークレットか!」と気付きました。

そうです、ワンチャンで大勝利したのです。"スーパー"な"ルミティアステッキ"を当てたのです。正に地獄から天国。振り幅半端無い。
…しかしながら自分は飽くまでもハートの王道ステッキが欲しかったので、全ルミティアを統べるスーパーなルミティアを当てたにも拘らず、実は少しモヤってます(苦笑

さてさて、このルミティアステッキはヘッド上部のビーズ?パーツとロッド部分のビーズ?(説明文には共にスタービーズと記されている)が取り外し出来るので他のステッキのビーズと交換する事が出来ます。ヘッドとロッドも外せるので、他のステッキを集めて色々組み合わせて最終的にオリジナルステッキを作らせる事が真の狙いのようですよ。流石この辺りのマーケティングは抜かり無いですね。
という事で、取り敢えず(四枚目の画像)ヘッドのビーズだけを交換してみました。…うん、微妙ですね。だからといって本当にもうこれはこれ以上購入しませんけどね。

以上、魔法のステッキは何歳になってもワクテカします、というお話でした。
ていうか、何してるの自分…。
| 食玩/ガチャ | 此ノ記事 | 23:57 | comments | trackbacks |
2017 02.11Saturday
先生と中型犬
先生とドーベルマン
何だか少しは頑張ってる感じですよ、自分。放置せずに撮りました。
というわけで、今回は先生とドーベルマンの散歩です。

数年前のハロウィンから先生は着せ替えをしておらず、ヴィジュアル系的なコスチュームのままでしたが、漸く普通の格好に。
スーツに着替えを…と思いましたがちょっと何処に仕舞ったのか分からなくて(ヲイ)有り合わせのコーデとなりました。三浦さんよりも扱いが雑でゴメンよ先生。
ていうか先生、2014年から放置していたのですね。いやまぁ此処数年、専ら工作神の比重が高いですから仕方ありません。

因みに先生の背が高い為、三浦さんと一緒の時よりもドーベルさんが小さく見えます。
身長比較画像は此方が分かり易いかも。
1/6ドーベルマン
前回撮ったドーベルさんのフィーチャー画像が余りにもいい加減だったという事もあり、この機会にリトライ撮影してみました。
滅多にリトライしない自分にしては珍しくきちんとしてます。先生との撮影の序でなので、きっちりしているかといえばそうでもないですけれども。

前回のお座成り具合よりも幾らかマシになったかと思います。
折角、格好良いドーベルマンが残念な画像のままじゃモヤりますしね。
おかげでスッキリしました。
| 御人形 | 此ノ記事 | 23:44 | comments | trackbacks |
2017 02.06Monday
ドーベルさん
1/6ドーベル
初撮りはキキポップだった1/6スケールのドーベルマンと三浦白アリスを撮りました。

今回の画像は割りときちんとした感じでデジイチで撮っています。
と言いつつレンズ交換が面倒だった為、レンズは大好きな単焦点じゃなく本体に付けたままにしてある自動開閉キャップを付けたパンケーキズームレンズですが。この辺りが、きちんとしているようできちんとしていない微妙な感じ。最近はそれすら面倒で専らモバイル端末カメラだったので、それと比べると多少はきちんとしているはず。

着せ替えが面倒で、前回の白アリスにコートを着せただけという安定の面倒がり振りですが、長期間放置する状態が続いてる自分としては珍しく早めに撮った感じです。
本当は先生と一緒にも撮りたいと思っていたのに、すっかり忘れていたとは言えない。←先生との撮影は暫く放置で撮らないで終わるフラグが立ちました。
1/6あちゅちゅむ
実は1/6サイズあちゃちゅむバッグ(うさぎ)も、しれっと予約していて暫くドールと合わせて撮らずに放置していましたが、漸く活用出来る時がきました。
この際、序でにあちゃちゅむバッグを持たせて撮ってしまえと面倒がりな性質を発揮させた結果の詰め込み撮影です。

開発サンプル品と比べると、パターンのカット位置や縫製位置等どうしても劣化した感が否めませんが、量産化のクオリティはこんなもんなんだと諦観しております。その割にお高い代物ですけれどもね。
1/6ドーベル
撮影序でにドーベルさんもフィーチャーしてみました。

フォーカスが御座成りで微妙ですが、その部分はそのままというフィーチャーしてるんだかどうなんだかという残念な画像です。今の自分には撮ったかどうかが重要という感じで、どこまでも面倒がりな部分が付いて回るわけです。自分でも病んでそうだと思うのですが、毎年実施されるメンタルチェックの結果は相変わらずストレス耐性がストロングで健やかそのものだという。
否、きちんと撮影していた時期と比べると絶対多少は病んでると思うよ、多分。
まぁでも「明日から本気出す」根性を払拭して早々に先生とドーベルさんを撮ろうと思います。…撮れたら良いな(弱気
| 御人形 | 此ノ記事 | 23:24 | comments | trackbacks |
2017 02.04Saturday
白アリス
三浦白アリス
アリスのさがしものの白アリス服を着せてみました。
リボンカチューシャも巨頭ドール用に再現。カチューシャの工作はアリスさんがやってきてからすぐに工作していたのですが、その気概とは裏腹にワンピを着せて撮るのが億劫で今まで放置していたのです。まぁ安定のパターンです。

同様の理由でやる気はあるのに放置していたパジャマ写真を撮る序でに、漸く着せ替えが出来ました。
その割に、現像作業が面倒で暫く放置していますがそういう事ってよくありますよね。

勿論、白アリスに必須の1/36フィギュアを持たせています。可愛い。
三浦白アリス
一応、記録撮影的なものなので全身画像も撮っています。

思った通り似合いますね。

この勢いに乗って次はアレですね。
ドーベルマンと一緒の所を撮りたいですね。


| 御人形 | 此ノ記事 | 22:41 | comments | trackbacks |
2017 02.02Thursday
ラヴァーズスマイル
キキポップ
もう増やさないつもりでいたキキポップでしたが、余りの可愛さについうっかり予約してしまいました。
キキポップ!ラヴァーズスマイルです。

ショートヘアは然る事ながら、デフォのヘアカラー&アイカラーがミウラ配色なもので本当についうっかりポチってしまったのです。
キキポップ
デフォの色味の為にミディアムショットで撮りましたが、当然ながら全身画像も撮っています。

ピンストライプのショーパンが、奇しくも1/3フジコ用に作ったものと似ており勝手にテンションが上がっています。
スケール違いのオソロに弱いのです。

今回のキキポップは男の子的な設定らしいのですが、素体に変更はありません。
元々の体型がアレなので当然と言えば当然な話ですが、確かめずにはいられず確かめちゃいましたよ。
確認の為に脱衣した時に気になったのが、素体の色味です。少し濃い色味で、白肌ヘッドには違和感があります。ニーモのホワイト肌のヘッドにナチュラル肌のボディを組み合わせた感じというイメージです。
この子はデフォのまま飾るつもりなのでボディの色味が濃くても別に大丈夫と言えばそうなのですが、初見時はビビリました。
キキポップ
もひとつ全身画像です。
1/6ドーベルマン、カッケー!と思い予約していたドーベルマンと一緒に撮ってみました。
勿論、1/6三浦さん&先生と一緒に撮るつもりだった代物でしたが、まさかのキキポップと初撮りとなりました。
ドーベルマン、本当カッコイイ!

そういえば、キキのショートウィッグですがサンプル画像とは違い、きのこボブのシルエットがショートヘアになった雰囲気でした。
その部分に関しては少しがっかり。どうにかサンプル画像のような感じにならないかと頑張って整えてみたのが一枚目と二枚目の画像だったりします。
| 御人形 | 此ノ記事 | 15:23 | comments | trackbacks |